双子とガジェット

双子育児で役に立った電化製品やガジェットを紹介していきます。

AquaPlay: MountainLake

今日は子供の水遊び用のおもちゃ、AquaPlayのMountainLakeを紹介します。AquaPlay社はスウェーデンの会社です。日本ではボーネルンドで購入できます。

AquaPlay: MountainLake

購入まで

ボーネルンドの店舗に4月の終わりくらいに立ち寄った時に、AquaPlayを見つけて面白そうだと思ったのですが、値段が2万円くらいなので即決はできず、そこでは購入せずにパンフレットだけもらってきました。興味があったので後日ボーネルンドのオンラインショップをその後チェックしたのですが、売り切れていました。店舗在庫を見たところ、最寄りの店舗にあるとあったので、確保できるか電話をかけてみましたが、商品はあるが販売できないとのこと。ただ、次回の入荷日を教えてくれました。オンラインショップよりも早めに入手できそうだったので、その日に店舗に行ってみました。開店直後ではないのですが、ちょっと早めに行ったところ、MountainLakeならまだ商品がありました。MountainLakeがちょっと高いのでAquaWorldと迷っていたのですが、 AquaWorldはすでに売り切れだったので、選択肢がなくなり購入しました。箱が大きめだったので、そのほかの買い物をする間、30分くらいですがお店で預かってもらっていたのですが、その間にMountainLakeも売り切れてしまっていました。AquaPlay大人気ですね。欲しい場合は見つけたらすぐに購入する方がよさそうです。

追記:Amazonでは普通に買えそうです。

 

 

組み立て

商品自体は、結構大きめの段ボール箱に入っています。外箱の中に内箱が入っているのですが、それをスライドして出す感じです。最初開け方が分からず、内箱の段ボールを破いてしまいそうでした。

組み立て前

取り出すと、水路、ボート、ポンプ、コネクタなどの部品が入っています。MountainLakeでは中心となる山のパーツがかなり存在感があります。

コネクタ

コネクタには、パッキンをテープ付していくのですが、コネクタが13個あり、パッキンをそれぞれ2本貼らなくてはいけないため、地味に面倒な作業でした。

全部の部品が揃うと水路を組み立てていきますが、コネクタは結構しっかり押し込む感じでした。組み立て自体はそんなに面倒ではなく、10分もあればいけました。

水を張っていきますが、ホースを伸ばして出しっぱなしで遊べる水位になるまでそこそこ時間がかかりました。

完成した水路

基本的な水路のパターンで縦90cm、横130cmなので、周りに子供が遊ぶスペースを考えると、マンションのベランダではちょっと厳しい感じかもしれません。うちは屋上のルーフバルコニーに設置しました。

コネクタから多少は水漏れもあるのと、子供が遊ぶと普通に周りに水が飛び散るのと、山の上に水をためて滑り台に水を流すとそれなりに水が溢れるので、あまり屋内で使うことを考える方はいないかもしれないですが、まあ屋外で使うのが無難です。

山の部分に水を貯めるためのポンプがついています。購入する前はここは電動かと思ったのですが、手動です。屋外に置きっぱなしになることが多いかと思うので、故障を考えると手動がいいかと思いました。山に水を貯めるにはかなり頑張ってポンプを動かさなくてはいけません。幼い子供にはこれをやるのは無理かもしれないので、ここは親が手伝ってあげることになるかもしれません。また、デフォルトの水路の配置では、ポンプの位置が2歳半の子供にはちょっと遠く見えました。子供のサイズに合わせて水路の配置を考えてもいいかもしれません。

子供たちの反応

水を入れた後に早速子供達を連れてきてみました。このおもちゃの対象年齢は3歳ですので、2歳半の双子の男の子たちにはちょっと早めです。しかし、くいつきはよく30分くらい飽きずに遊んでいます。親の想定ではボートとかで遊ぶかなと思っていたのですが、一番よく使っていたのは木と橋でした。二人ともそれらを水に入れて遊んでいました。あと一人は時々水流を作るパドルを回していました。ただそれも水流を作るというよりはただ回すのが楽しかったようです。

突然水路に足を突っ込んだりするので、うちでは長靴を履かせています。暖かくなってきたら裸足でもいいかもしれません。全身が水に浸かるわけではないので、まだプールには早いなという時期から水遊びができて、とても楽しそうでした。

親としては、ポンプで水を汲み上げて、一部の水路の水位を上げてボートを山の上まで上げていく仕組みとかがあって本当によくできているなと思いました。これから一年ごとに遊び方が変わっていくかと思うと、それを見守るのも楽しそうです。