双子とガジェット

双子育児で役に立った電化製品やガジェットを紹介していきます。

家電: 窓拭きロボット HOBOT-388

みなさん、窓拭き好きですか?僕は正直あまり好きではないです。暖かい季節にやればいいのですが、ついつい後回しになって、気がついたら年末。正月前に窓は綺麗にしようと思って寒い中窓を拭くことも多いと思います。また、2階の窓の外側を拭く時、身を乗り出して拭くのはちょっと身の危険を感じます。そんなことはロボットに任せてしまうのがいいのではないでしょうか?そこそこ前から気になっていた窓拭きロボット HOBOT-388を買ってみましたので、今回はそれについて書いてみたいと思います。

HOBOT-388

HOBOTは台湾のメーカーのようです。日本語のサイトはこちらになります。
hobot-jp.myshopify.com
Amazonからも買えます。

動かし方

HOBOT-388は窓に吸着しながら動いていきます。丸いクリーニングパッドがついていて、これを横にずらしながら動いていきます。動いている感じはちょうど人の手で窓を横に拭いているような感じです。
スイッチを入れるとファンが動く音がするので、この状態で窓に近づけると窓に吸着します。ここで手を離しても大丈夫です。
最初に乾拭きで埃やチリを落とし、次に水拭きで綺麗にしていく方法が推奨されています。初期状態では水拭きモードになっているので、乾拭きにする場合は、リモコンの左下側にある水のマークのボタンを押して乾拭きに切り替えます。本体のランプが水拭きの時は青、乾拭きだと白なので、それを見て現在どのモードかを確認します。
リモコンの上側にある3つのボタンの一つを押して窓拭きを開始します。左側にあるボタンは今いる場所から左に向かってスタートし下に降りながら掃除していく、真ん中のボタンは右に向かってスタートし下に降りながら掃除していきます。なので、このボタンで開始する場合は本体を極力上側に配置する必要があります。右側のボタンは一度上方向に移動し一番上まで行ったらそこから掃除を開始します。このモードが一番使いやすいのですが、水拭きモードではなぜかこの一度上に上がっていくモードでうまく動作しなかったので、それ以外のモードでやっています。

このロボット自体は電源コードに繋いだ状態で動作するもののため、窓の外側を掃除するときは、必要な分の電源コードを外側に垂らしその状態で窓を甘く閉めるようにして動作させています。見た感じではそれで電源コードを傷めるようには見えていないですが、ちょっとだけ心配ではあります。

窓拭きの感想

正直、思っていたよりも綺麗になりました。乾拭きで最初にチリや埃を落とした後に水拭きすることで、結構きちんと綺麗になります。ただ、子供がつけた手垢などは一発では取れませんでした。これは普通に窓拭きする時でも念入りに拭かなくてはいけない汚れはこのロボットでも一発では綺麗にならないということです。ひどい汚れは手で、それ以外の広い範囲はロボットに任せるような感じがいいのではないでしょうか。
また、丸いパッドを横にずらしながら拭く動きのため、窓の枠ギリギリのあたりに少し拭き残しがあります。気になる方はいるかもしれませんが、自動でできる利便性と比べると僕はあまり気になりませんでした。

メンテナンス

クリーニングパッド用のクロスは本体を買うと12枚ついています。二つパッドが付いていて、これを乾拭きと水拭きで交換するので、一回の掃除サイクルで4枚消費することになります。普通のサイズの窓(互い違いで2枚のもの)であれば、4枚1サイクルで問題なく掃除できました。ですので、12枚あればある程度の枚数の窓を掃除できるのではないかと思います。
汚れたクロスはそのまま洗濯機で洗って外干しして使っています。

水拭き用に水を入れるのですが、長期利用しない場合は水を抜いたほうがよさそうです。ただ、タンクが取り外しできるようには見えないので、水抜きにはちょっとテクニックが入りそうです。

アプリ

iPhone用のアプリが提供されています。こちらはリモコンで提供されている機能が同じように使える程度です。

iPhone用アプリ

ただ、終了すると通知がくるので、安全な場所であればある程度ほったらかしで窓掃除を任せて通知が来たら取りに行くような使い方ができて便利です。

終わったときの通知

ロック画面にも通知がきます。

ロック画面の通知

Apple Watchを持っているとこちらにも終わった時に通知が来ます。

Apple Watchへの通知

実は窓拭きロボットは2台目です。1台目は水拭きする時はクリーニングパッドのクロスを湿らせてやるタイプだったのですが、途中で水分が足りなくなってしまってあまり綺麗にはなりませんでした。このロボットは水を噴射しながら掃除してくれるのでその心配もありません。
今年の年末はこちらのロボットが活躍してくれそうです。

家電: 加湿器 Panasonic FE-KXT05/FE-KXU05

11月に入り気温が下がってくるとともに空気が乾いてきました。そろそろ加湿器の出番です。我が家ではリビングルーム、仕事部屋、寝室の3箇所でそれぞれ種類が違う加湿器を使っています。今回は寝室で使っている加湿器、PanasonicのFE-KXT05について書いてみたいと思います。

Panasonic FE-KXT05

購入したのは2020年11月ですので、すでに2回の冬に使ったことになります。現行モデルはFE-KXU05ですが、サイトを見たところほとんど変わりはないので、使用感は変わりないと思います。
パナソニックの公式サイトはこちらです。
panasonic.jp
Amazonから購入できます。

加湿方式

加湿器の加湿方式として超音波式、スチーム式、気化式があります。子供たちと一緒に寝ている部屋で使うため、ヒーターがあって暑い蒸気が出てくるスチーム式は安全を考えると利用できません。超音波式は雑菌が乗りやすいと言われているのでこちらも避けたいと思いました。そこで候補に上がったのが気化式でサイズ感からこちらの商品を選びました。
気化式は加湿フィルターに空気を通して加湿していくのですが、その際に空気を送るためにファンを回すため音が大きめだと言われています。実際に寝室で利用していますが、おやすみモードで稼働させていて騒音が気になったことはありません。子供たちも気にせず寝ているので、大丈夫なのではないかと思います。また、ヒーターなどを使わないため、気化式は電気代があまりかからないと言われています。今年の冬は電気代も高止まりしそうですので、ここは良いポイントかと思います。
気化式で気になるのは、出てくる空気が冷たいことかと思います。確かに空気の吹き出し口に手をかざすと冷たさを感じますが、この加湿器は上側に出るので今のところ問題を感じていません。

日々の利用

我が家では、8畳の寝室で夜間に利用しています。いつも自動のおやすみモードで動かしていますが、十分に加湿されていると思います。去年の2月のとある日の湿度の推移です。19時くらいからつけ始め、着々と加湿されていっている様子が見えると思います。夜間は50%をキープしています。そして朝起きて止めた途端に湿度が下がっていっています。

湿度の推移

タンクは500mlでそこそこ大きめかと思います。一度給水すると真冬の乾燥している時期でも数日は持ちます。タンク自体を取り出して給水できるので流しで給水し蓋を閉めてそのまま持ち運ぶことができます。フルに水を入れるとそこそこの重さがありますが、取っ手がついているので持ち運びに問題は感じないかと思います。

タンク

給水が必要になると前面の給水ランプが点きますが、タンクの残り水量は取り出さなくても確認できるので、少なくなったら入れるようにしています。

水の残りを確認

子供がいる家庭で使う際のいいポイント

子供はどうしても家電のスイッチを押します。この加湿器にはチャイルドロックがあるので、これを有効にしておくと子供が意図せず勝手に起動していた/止めていたを避けることができます。チャイルドロックを有効にするにはチャイルドロックボタンを長押しします。今のところ、偶然数回突破されたことがありましたが、子供が意図的に解除できたことはありません。

子供はスイッチを触る

あとは寝室で夜間に使うため、極力インジケーターの明かりを抑えたいと思っています。一番明るいのは、現在の湿度を示す前面のインジケーターですが、こちらは明るさ切替ボタンを長押しすることによりオフにすることができます。

現在の湿度を示すインジケーター

それ以外に上の面に現在の運転状態を表すランプがあるのですが、当たり前ですがこちらはオフにはできませんでした。しかし、子供の寝が悪くなるのを避けたかったので、マスキングテープの黒と白を貼って明かりが漏れないようにしています。

夜間の運転でつくランプはマスク

子育てをしていると何かとマスキングテープの出番はありますね。

あとは形状が四角い形で安定しているのもいいポイントかと思います。寝室の中で特にガードする柵の中などにないので、常に子供が触りますしなんなら揺らします。そして特に男の子は乗れるものはなんでも乗りますので、頑丈なのもいいポイントかと思います。

子供は登れるものには何でも登る

メンテナンス

この加湿器のメンテナンスとしては、主に空気の取り込み口のフィルターの掃除と加湿フィルターのメンテナンスをしています。
空気の取り込み口は背面と側面の2箇所です。2週間に一回くらいのペースでここのフィルターを外して掃除機で吸い取っています。

空気の取り込み口

加湿フィルターは内部にあります。側面の空気の取り込み口のフィルターを外し、反対側の水のタンクを外すと加湿フィルターの乗ったトレーが取り出せます。このトレーをスポンジなどを使って水洗いをして、加湿フィルターをもみ洗いします。説明書では水でもみ洗いと書いてあるのですが、数ヶ月使っているとちょっと東京湾みたいな匂いがしてくるので、うちではバスマジックリンをスプレーして、給湯器が出せる最大の温度60℃のお湯をかけて、少し冷めたらもみ洗いしています。ここはフィルターのお手入れランプが付いたら洗っていますが、大体1ヶ月に一回くらいのペースです。

加湿フィルター

なお、このフィルターの寿命は10年とのことです。ただ、数年使ってくると汚れが落ちにくくなってくるので、交換部品もあまり高くなく売っているので交換をしてもいいかもしれません。

この加湿器をすでに数年使っていますが、メンテナンスも簡単で子供がいても安全に使えてとてもいい製品だと思います。

保育園送迎:10月の実績

今日で10月も終わりです。10月は双子の誕生日、七五三、ハロウィーンなどでとても忙しい月でした。今回は10月の保育園の送迎実績を書きます。
我が家では、自転車+チャイルドトレーラー、カーシェアリングによる車、タクシーの3つの方法で保育園送迎をしています。
gadgetandtwins.hatenablog.com
今月は祝日が1日あり、保育園の休日も1日あり、平日は19日。今月は調子を崩すことはなかったのですが、双子がストレスを溜めていたっぽい日が1日あり荒れていたので、この日はおやすみしました。なので、登園は18日、送迎は36回です。

チャイルドトレーラー:18回

今月前半は雨が多めだったのでチャイルドトレーラーで行けない日が多く、イベントの準備などで忙しい日も多かったので、チャイルドトレーラーの利用日数は少なめになりました。
気温的には日中は20℃近辺なので、チャイルドトレーラーでの送迎にはベストな気温です。朝は冷え込みによっては少し寒く感じる日も出てきました。ただ、日差しが強すぎてバテるようなことは今月はほとんどなく快適な季節でした。

カーシェアリング:18回 (7,700円)

今月はイベントが多く、その準備に特に妻が忙しく、保育園送迎から離脱気味だったので、カーシェアリングの利用が多めになりました。特に1日の送り迎えのどちらも一人が担当するようになると、チャイルドトレーラーでの送迎2回は体力的に厳しくなるので、そのような日はどちらかをカーシェアリングに切り替えるようにしていました。
一回の利用は30分くらいなので440円です。かなりの頻度で使ったように感じましたが、1ヶ月の利用料金は8,000円弱に収まりました。30分チケットが何枚か貰えたのでそちらを利用しています。今回は車の巡り合わせで、給油をする機会がありませんでしたので、今月は給油割引はありませんでした。
そのほかに、図書館、子供を病院に連れていくなどで1,000円くらいを2回、七五三の神社への参拝のときに使って2,000円くらいで、これだけ使っても1万円ちょっとなのでカーシェアリングコスパはかなり良いのではないかと思います。ただ、頻度が高くなってくればくるほど、車をステーションまで取りに行ったり、チャイルドシートを設置したりといったオーバーヘッドが無視できなくなり、車を買ってしまおうか悩みます。

タクシー:0回

今月はタクシーの利用はなしでした。

子育て観点カーレビュー: トヨタ C-HR

我が家では、双子の保育園送迎に雨の時を中心にカーシェアリングの車を利用しています。
gadgetandtwins.hatenablog.com
カーシェアリングの車を借りるとき、ISOFIXのチャイルドシートが付けられるのか、付けられる場合どれくらい大変なのかといったことが不安でした。また、ベビーカーは保育園の送迎では使っていませんが、お出かけの時にあると便利です。しかし、我が家で使っているエアバギーのココダブルEXはセダンのタクシーだとトランクに入らないことが度々あり、双子乗りのベビーカーが乗るかどうかはお出かけで車を借りたい時の大きなポイントです。そこで、ここではISOFIXのチャイルドシートの装着と双子乗りベビーカーがトランクに乗るかどうかの観点に絞って、近隣のカーシェアリングのステーションで借りれる車のレビューをしたいと思います。

第10弾はトヨタ C-HR

C-HR

ミドルサイズのトヨタSUVです。ヤリスクロスライズよりも少し大きめになります。普段使っているステーションではなくちょっと遠目のステーションですが、最近配車されたので興味があったので借りてみました。タイムズカーシェアではC-HRはミドルクラスになっていますので、ベーシッククラスは15分220円ですがミドルクラスは330円です。
本家サイトはこちら。
toyota.jp

ISOFIXチャイルドシート

ISOFIXの後部座席の接続金具は背もたれの下側のスリットの中に格納されています。

チャイルドシート接続金具

ここを開いてチャイルドシート側のコネクタを押し込み接続します。

スリットを開いて接続

比較的素直に接続できるタイプかと思います。

コネクタを押し込んで接続

トップテザーベルトの接続金具は後部座席裏側にあります。こちらもスリットを開いて接続する感じです。ただ、トランクのカバーがあるため、少し接続に手間が掛かるように感じました。

トップテザーベルトの接続金具

チャイルドシートを設置すると後部座席はこんな感じになります。

チャイルドシートを設置した後部座席

トランク

トランクはSUVなので比較的広めです。トランクカバーが付いていますが、柔らかめの素材でした。

トランク

大きめの双子ベビーカーを乗せるとこんな感じになります。

双子ベビーカーをトランクに乗せる

後部がかなり斜めに落ちていくデザインなので、上側の容量が無く、双子ベビーカーを乗せた状態ではギリギリ扉が閉まる感じでした。C-HR自体は大きめだと思っていたので、意外でした。

双子ベビーカーを乗せてトランクはギリギリ閉まった

後部座席

後部座席は十分な広さがあり、子供が座った状態でも問題を感じませんでした。

子供が座った状態の後部座席

注目すべきは後部座席のドアで、ドアノブはかなり特徴的なところにあります。ほぼドアの上辺です。

後部座席のドア

ガラス窓の下辺が後ろに行くほど上に上がってくるデザインになっているので、後部座席の開口部は小さめです。小さな子供の視点からはもしかすると風景があまり見えないかもしれず、これはちょっとかわいそうに感じました。

後部座席の窓

子育て観点カーレビュー: トヨタ ヤリスクロス

我が家では、双子の保育園送迎に雨の時を中心にカーシェアリングの車を利用しています。
gadgetandtwins.hatenablog.com
カーシェアリングの車を借りるとき、ISOFIXのチャイルドシートが付けられるのか、付けられる場合どれくらい大変なのかといったことが不安でした。また、ベビーカーは保育園の送迎では使っていませんが、お出かけの時にあると便利です。しかし、我が家で使っているエアバギーのココダブルEXはセダンのタクシーだとトランクに入らないことが度々あり、双子乗りのベビーカーが乗るかどうかはお出かけで車を借りたい時の大きなポイントです。そこで、ここではISOFIXのチャイルドシートの装着と双子乗りベビーカーがトランクに乗るかどうかの観点に絞って、近隣のカーシェアリングのステーションで借りれる車のレビューをしたいと思います。

第9弾はトヨタ ヤリスクロス。

ヤリスクロス

トヨタ ヤリスをベースにしたコンパクトSUVです。家の近所のステーションに最近配車されました。配車された車はハイブリッド車でした。最近ヤリスクロスを街中で見かけることが増えて気になっていたので、近くのステーションに配車されてうれしくてすぐに借りてみました。前からみた感じは上の写真のようです。結構好きなスタイルです。車全体としては、やはりヤリスをベースにしているので思っていたよりも小さいなと感じました。その分取り回しは楽です。本家サイトはこちら。
toyota.jp

ISOFIXチャイルドシート

ISOFIXの車側の金具は、後部座席の背もたれの一番下の辺りにスリットがあり、その中に設置されています。

ISOFIX金具

このスリットにチャイルドシートのコネクタを差し込みますが、素直に接続できる感じでした。
トップテザーベルトの接続金具は後部座席の後ろにあります。

トップテザーベルトの接続金具

チャイルドシートを接続すると、以下のような感じになりました。

チャイルドシートを接続

チャイルドシートと接続する部分に関しては、ベースのヤリスとほぼ同じでした。さすがトヨタ車でそつがない感じでした。

トランク

トランクはコンパクトとはいえSUVなので結構広めでした。ベースのヤリスはかなり狭いのでここは大きな違いかと思います。

トランク

大きな双子用ベビーカーも乗ります。

双子用ベビーカーも乗る

トランクのドアも問題なく閉まりました。

トランクのドアも閉まる

トランクを閉めるときに何度か半ドアになることがありました。しっかり閉めるには結構力を込めて閉めなくてはいけなさそうです。カーシェアにある車には付いていませんが、自動でトランクのドアを閉めるオプションをつけてもいいかもしれません。

後部座席

ヤリスでは、後部座席の狭さが気になりました。
gadgetandtwins.hatenablog.com
そのヤリスをベースとしているヤリスクロスはどうなのかかなり興味がありましたが、結果としては足元は残念ながらほぼ同じで結構狭いです。

後部座席は余裕がない

ただ、SUVなので天井は高めでドアの開口部も大きめなので、子供を乗せるときはヤリスよりも楽に感じました。

後ろのドア

その他

運転席のメーター類です。左右の丸いメーターが囲われたデザインが特徴的ですが、特に違和感を感じませんでした。

運転席のメーター類

センター部分。至ってシンプルでした。主張がないので特に僕は気にはなりませんでしたが、少しチープに感じる人もいるかもしれません。

センター部分

フロントシートはヤリスと同じでした。

フロントシート

子育て観点カーレビュー: トヨタ ヤリス その2

数ヶ月前にトヨタ ヤリスについて、チャイルドシートを設置することとトランクに双子ベビーカーを乗せることを中心に子育て観点でのカーレビューを書きました。

gadgetandtwins.hatenablog.com

そこから何回かカーシェアリングでヤリスに乗っているのですが、そこで感じたことを追記しようと思います。今回は主に後部座席についてです。
ヤリス自体はコンパクトな車です。そのため、街中で乗るにはとても小回りが効いて便利です。その反面、車のサイズから後部座席の狭さが否めません。
チャイルドシートを設置すると、こんな感じになります。

チャイルドシートを乗せた後部座席

ちょっと角度を変えて上から見てみるとこんな感じです。

チャイルドシートを乗せた後部座席 上から

身長178cmの私が運転席に座って運転しやすいようにシートを調整すると後部座席の足元空間はかなりタイトになります。
後部座席に子供を座らせると、身長90cmの3歳児で足がギリギリな感じです。もう少し大きくなると足を下に下ろせるようになるかと思いますが、それでも狭い感じです。シートもかなり圧迫感があるのではないでしょうか。
そして足元に園バッグを置くのも厳しい感じです。ちょっと荷物が多くてカバンが膨れ気味な日は足元には置けない感じでした。

後部座席に子供を乗せると

後ろに向けた屋根の傾斜が結構前側から倒れていく感じのデザインなので、後部座席のドアも後ろ側が結構窄まった感じです。そのため、乗り降りの時もちょっと窮屈に感じました。

ヤリス自体はコンパクトにまとまったいい車かと思いますが、後部座席に子供を座らせることを考えると少し手狭なように感じました。

保育園送迎:自転車の後部座席撤去

我が家では保育園の送迎にチャイルドトレーラーを使っています。
gadgetandtwins.hatenablog.com
gadgetandtwins.hatenablog.com

このチャイルドトレーラーを牽引する自転車にブリヂストンのビッケ ポーラーeを使っています。
www.bscycle.co.jp

チャイルドトレーラーに二人分の座席があるので、牽引する自転車側にはチャイルドシートがある必要は全くありません。ただ、チャイルドトレーラーに行き着くまでに普通に自転車の前と後ろに双子を乗せることを計画していた時期もありました。そして、実際に二人乗せの自転車を購入しています。しかし、二人を自転車の前後の座席に乗せたところ、重心が高く不安だったことと前の席に座った子供がどうしても嫌がったことからこの方法での送迎は諦めました。しかし、結構高い自転車を買ってしまったので、これをチャイルドトレーラーを牽引する自転車に流用しています。これまで、もしかするとこのチャイルドシートを利用することがあるのではと思って、シートをつけっぱなしにしていたのですが、半年使っていてもそのような機会はありませんでした。
坂道が多い地域に住んでいると、チャイルドトレーラーでの送迎は重さとの勝負です。そこで、日々の送迎を楽にするために軽量化を検討し、やはり使っていないチャイルドシートを外してしまおうということになりました。座席一つが大体4KGくらいありますので、一つでも外れると結構違いそうです。まずは外しやすい後部座席から外すことにしました。

ビッケ ポーラーe 前後の座席付き

後部座席の撤去手順

ビッケ ポーラーeの純正後部座席は4個のネジとベルトで本体に固定されています。

座席を接続しているネジ

まずは、前のネジ2つを外します。前のネジはカップのようなもので隠されています。

前のネジを隠すカップ

これをマイナスドライバーなどを差し込んで外し、ネジが露出したら大きめのプラスドライバーで外していきます。

カップを外してネジを露出させる

次に後ろのネジですが、こちらは座席のクッションシートの下にあります。

後ろのネジ

クッションシートが被ったままだとネジが回しにくいので、ベルトのバックルの部品を外すとベルトの前の部分が通せてシートを分離することができるので、ここを外してシートを捲りあげます。この状態で大きめのプラスのドライバーで外していきます。

シートを剥がしてしまうとより作業がしやすい

これで4個のネジが外れたので、あとは前の部分にあるベルトを緩めて外します。

ベルトを外す

これで後部座席を止めているものはなくなったので外してしまいます。
シートがなくなると荷台が出てきました。

後部座席を外した後の荷台

これで後部座席がなくなり、だいぶスッキリした感じになりました。

後部座席を外した後

実際に走らせてみると少し軽くなった感じがします。走行中よりも自転車を止める時に明確に軽くなったと感じました。
後部座席を外したことによって、チャイルドトレーラーに乗っている子供たちの顔が見やすくなったのも良かったと思います。

チャイルドトレーラーの中が見やすくなった

あとは前の座席をどうするかですね。後部座席はただ外せば良かったのですが、前の席は外したあとをそのままにしてしまうとかなり間抜けな感じになるので、カゴを付ける必要があり、ちょっと検討が必要そうです。